磐越ロゴ
磐越自動車道沿線都市交流会議
トップページ 会議概要 会議名簿 事業紹介 市町村紹介
観光ガイドブック 観光名所 特産品 伝統工芸品 伝統芸能 リンク
 
市町村
 新潟市観光ガイド 
 日本海と越後平野はまさに特産品の宝庫です。詳しくは新潟市観光ガイドをご覧ください。
http://www.nvcb.or.jp/
 
市町村
● ニット製品
日本一の生産高を誇るニット産地五泉。安定した量産システムと高い技術力で、大手アパレルから支持され、ファッション雑誌を賑わす人気ブランドの製品を多く生産しています。また、産地オリジナルブランド「GOSEN DREAM」を展開し、東京をはじめ各地でショーや展示販売会を行っています。ニット製品
 さといも
 きめ細かな白肌と独特のぬめりで人気の「帛乙女」(きぬおとめ)。昭和62年には県内で唯一『国の指定産地』を受け、生産量も県下一となっています。 さといも
 チューリップ
 県内でも有数の産地。新たな品種を栽培するなど多種多様の花が楽しめます。
 織物
 水清らかな五泉ならではの創意をプラスして、独自の技術『濡れ緯』で、緻密な織りと光沢、風合いを出すことに成功しました。その品質は広く認められ、京都の室町や名古屋へ高級白生地として出荷されています。織物
 メロン
 甘い香りと深い味わいの「ビクトリーメロン」。宅配便で全国各地へ届けられます。メロン
 キウイフルーツ
 新潟県一の生産量を誇るキウイフルーツ。市場評価も高い、ビタミンの王様です。キウイ
 花き・球根
 五泉はチューリップなどの花き球根の産地として、質、量とも全国トップクラスに名をつらねています。
 れんこん
 地肌が白く肉厚でシャキシャキとした歯ごたえ。れんこんなら五泉産と料理店が指名するほど。
 ぶどう
 たわわに実った巨峰やキャンベルが、甘い香りを漂わせながら、収穫を待ちます。キウイフルーツ
 しいたけ
 村松産のしいたけはヘルシー食品としても重宝されています。しいたけ
 
 光沢ある美しい褐色、ほくほくした食感。日差しをいっぱいに受けて育った村松栗は、甘さが自慢。栗
 ぎんなん
 村松地区蛭野は全国でも有数のぎんなんの産地とあって、各地からたくさんの注文が寄せられます。さといも
 
市町村
 三角だるま
 横目使いのおどけた表情と一文字に引き締めた負けん気の「口」は、いかなる困難にも打ち勝って立ち上がるという無限の力強い感動を与えてくれます。縁起物としてお祝い用にも用いられている手作り品です。だるま
 お米
 阿賀野市は、日本でも有数の米どころ・新潟平野に位置しています。ここで育てられるコシヒカリを代表とするおいしいお米。炊きたての味わいは、胸を張っておすすめできる阿賀野の特産です。おこめ
 乳製品(ヤスダヨーグルト)
 地元産の搾りたて新鮮牛乳が主原料。添加物などを使わずに独自の製法で作り上げるヨーグルトには、牛乳のコクのある風味と栄養が生きています。生まれたての健康を手に入れてください。ヨーグルト
 安田瓦
 江戸時代からの歴史を持ち、雪国の厳しい気候に対応する断熱性と耐寒性に優れた高い品質を誇っています。その製法技術を活かした置物なども人気を呼んでいます。かわら
http://www.city.agano.niigata.jp/kawara/index.html
 和・洋菓子
 阿賀野市には古くから数多くの和菓子屋さんが代々続くのれんを守っています。地元の素材を使用したものや景勝地などをネーミングしたものなど、美味しさと匠の技を競い合っています。和菓子のほか洋菓子、笹団子など、お好みの味を探してみてはいかがでしょう。おかし
 日本酒(地酒)
 地酒王国・新潟の一翼を担う3つの蔵元が、銘酒の数々を造っています。酒造りは「水」「空気」「米」、そして磨かれた「技」が生み出す地酒をお楽しみください。地酒
 地ビール  「旨さ」への徹底した追及と職人魂。恵まれた自然環境の中で熟成されたビールは、まさに自然の味わいです。地酒
 三角油揚げ
 昔ながらの製法で作られ、味・ボリュームともに地元で大人気の逸品です。
 醤油・味噌  地元産大豆を100%使用した天然醸造醤油。同じく無添加天然熟成の味噌です。
 米粉めん「白鳥美人」
 阿賀野市産の「米粉うどん」&「豆乳」がコラボした、健康に優しい新メニュー「白鳥美人」「白鳥美人」を食べれば、男女問わずココロもカラダも美人になること間違いなし!
 
市町村
 地酒(清酒)
 新潟淡麗の銘酒「誉麒麟」(下越酒造)と「麒麟山」(麒麟山酒造)
● 味噌・漬物
 無添加・天然醸造の味噌、山や地の産物で作った漬物
 銘菓
 懐かしい味わいが口いっぱいに広がる人気銘菓がズラリ
● 農林産物
 原木しいたけ・原木なめこ・原木しめじ・自然薯・コシヒカリ
 鹿瀬のメダカ
 新潟県中央域では昔から食される珍味。ほろ苦さが特徴
 
市町村
 健康ミネラル野菜・米
 野菜本来のおいしさ、うまみあまみ溢れる採れたての新鮮ミネラル野菜は、町の特産品の代表です。本当の野菜のおいしさを知るリピーターでミネラル野菜直売所の「交流物産館よりっせ」(道の駅にしあいづ)は連日大賑わいです。
http://www.w-aizu.jp/yorisse/index.html
● 焼麩(やきふ)
 会津野沢特産「焼麩」は、すべて手作り。炭火で3回焼き上げたこだわりの食材として親しまれています。重曹を使用せず、健康食品としても大好評!
 
市町村

喜多方市

● 喜多方ラーメン
 札幌・博多と並び日本三大ラーメンのひとつに数えられる
● 清酒
 良い米と豊富な水資源、気候条件に恵まれた酒の産地です 
● 味噌・醤油
 蔵の中でひっそりと仕込まれ、育まれた手作りの味 
● そば
 会津駒形そば、雷神そば、山都そば、雄国そば、ひめさゆりそばなど地域ごとに個性がある
 
市町村

会津坂下町

● サクラ(馬肉)刺身
 会津坂下の味、秘伝の辛味ニンニクタレでお食べください。  
● そば
 つなぎを一切使わない地粉100%の手打ちそばをご賞味ください。
● 地酒
 うまい水と米、だからうまい坂下の地酒。
 
市町村

会津美里町

 白い発芽胚芽米
 胚芽の持つビタミン・ミネラル・食物繊維に加え、胚芽により白米の10倍以上生じる「ギャバ」を摂取できます。
 特産品紹介ページ
 あいづ人参
 昔から漢方薬として高い注目を浴び、古くから漢方最高峰の神秘の霊薬として珍重されている。
 会津ワイン
 高温多湿でブドウ栽培に絶好の地。まろやかで美味しい、やや甘口の白ワイン。
 高田梅
 日本一ジャンボと言われている高田梅は、果肉が厚く、カリカリした食感で味がよい。
 地酒
 地元の米、地元の水を使ったこだわりの逸品。
 つめっこやき
 会津の郷土食をさらに美味しくするために、会津の味、会津の地野菜にこだわりそばの皮で美味しさをそのまま包み込んだそば焼きもちです。
 身不知柿
 身不知柿の名は、実をたわわにつけ過ぎて、自分の枝を折ってしまうという事から名づけられたと言われます。
 
市町村

会津若松市

 会津ソースカツ丼  会津米のごはんの上に、千切りキャベツを敷き、その上にソースに浸した揚げたてのトンカツをのせる。大正時代から親しまれてきた庶民の味です。
 会津身不知柿
 大変おいしい柿であることや実を多く付けることから「みしらず」(味不知または身不知)と名付けられたといわれています。
● 会津薬用人参
 江戸時代から栽培され、漢方や食材として海外に輸出
● 会津清酒
 会津米を原料に、蔵元の技術で生産される伝統の味わい
● 北会津ワイン
 1905年(明治38年)醸造認可の福島県産第1号という歴史を持つワイン。
 皆鶴乃舞
(みなづるのまい)
 「会津かわひがし町ふるさとおこし振興会」が企画開発をした、味で評判の高い地元の酒米で作った純米酒。町内の酒屋さんでのみ販売される夏季、冬季(生酒)の本数限定発売のお酒。
 
市町村

磐梯町

● 清酒
 美味しい酒が自慢の磐梯町。その秘密は清らかな水。 磐梯町西山麓湧水群をはじめ、きれいな水に恵まれ、美味しい米と美味しい水、そして何代も受け継がれた伝統が今日の酒造りに生かされています。 一口ふくめば、雄大な磐梯山に抱かれた町の風景が浮かんでくることでしょう。
● 磐梯そば
 一面に広がる秋の白いそば畑は磐梯町の景色の歳時記。磐梯高原の気候風土が美味しいそばを育てるのです。地元そば粉100%と名水百選の清冽な湧水を使用し、熟練したそば職人がみごとな技で挽き、打ち、ゆでる手打ちそばは絶品の味わいです。
● 磐梯カラー
 花づくりも盛んな磐梯町。色鮮やかで清楚なカラーはサトイモ科の花です。
● 磐梯はちみつ
 磐梯山麓のトチやアカシヤの花から採取した100%のハチミツやローヤルゼリーです。
● リンゴ
 寒暖の差が激しい磐梯町のりんごは密もたっぷりでとてもジューシーです。その酸味と味わいのほどよい磐梯りんごを使ったジュースはとても新鮮で美味しい!
 
市町村

猪苗代町

● そば
 豊かな自然、澄んだ空気、清らかな水と寒暖の差のある気候によって産出される猪苗代のそばは、品質、産出量ともに県内一。 
いわはし館 猪苗代町振興公社 http://www.inawashiro.or.jp/
 お菓子
 笹だんごとあげまんじゅう、そば菓子。
 ふなの甘露煮
 猪苗代湖でとれたふなを背割りにして油で揚げた珍味。
● 山菜加工品
 細竹、きのこ等の山菜加工品
 
市町村

郡山市

● 布引大根
 布引大根は、標高1,081mの湖南町布引高原で栽培されている夏大根で、キメが細かく、甘みと柔らかさが人気です。地元郡山をはじめ、京浜市場でも大地の恵みをたっぷりと含んだみずみずしい味は好評です。 
● 郡山産米「あさか舞」
 郡山市は、全国有数の米どころであり、安積疏水によってもたらされる猪苗代湖からの清らかな水と安積平野の肥沃な土壌、そして恵まれた気候によって、味・香り・食感のバランスが良い、美味しいお米の生産地です。
中でも生産量の多い「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」は、食味ランキング試験において例年高い評価を得ており、郡山産米「あさか舞」とネーミングして、ブランド化を進めています。
● 日本梨
 熱海町を中心に栽培されている日本梨。
光センサーを導入し、幸水・豊水・二十世紀などを中心に、みずみずしく、甘みの豊富な秋の味覚をお届けします。
● 郡山さくら鯉
 郡山市は、全国有数の鯉の産地。猪苗代湖の澄んだ水が流れこむ池で大切に育てられた鯉は、肉厚で柔らかく、甘み豊かで良質なタンパク質・カルシウム・ミネラルを含み、低カロリー・低脂肪な食材です。伝統的な鯉のあらい、鯉のうま煮の他、「鯉に恋する郡山プロジェクト」に賛同された料理人の創作料理が、市内飲食店で味わうことが出来ます。
● うねめ牛
 黒毛和牛のメス牛のみで、肉質等級「4」以上。リブロース、サーロイン、肩ロースは霜降肉でしつこさがなく、甘みに優れた肉質。赤身のモモ肉は、しっかりとした食感を残しており牛肉本来の味わいは絶品です。
● 阿久津曲がりねぎ
 明治時代から栽培されている伝統野菜「阿久津曲がりねぎ」はその栽培方法に特徴があり、夏の暑い時期に行われる「やとい」と呼ばれる植えかえ作業の一手間が「甘み」と「やわらかさ」を生み出す元になっています。
● 御前人参
 郡山農業青年会議所の会員が中心となり作付している秋冬人参です。フルーティな香りと甘さが自慢でカロテン含量も高く、芯まできれいなオレンジ色をしています。従来の加熱料理の他、ジュースにしても美味しく、イカ人参にも合います。
 
市町村

三春町

 花詩 さくら湖
 花の里三春を代表する三春滝桜と、三春ダム(さくら湖)をイメージして作り上げたソフトなバターケーキ。チェリーを入れたフルーツあんを和洋風にアレンジしたもので、チェリーの風味とバターのまろやかさがおいしさのハーモニーを奏でます。
 三春油揚げ
 舞鶴城に由来し、鶴が天高く飛ぶ姿を型取ったという三春の名物「三角油揚げ」。これにネギを入れて焼き、季節によって、ふきのとう味噌、山椒味噌、柚味噌などで味わう。 
 地酒「三春駒」   阿武隈山系の伏流水で醸し出される「三春駒」。町内でしか手に入らない「黒ラベル」は、さっぱりとした飲み口で人気です。
 三春索麺  江戸時代の百科事典『和漢三才図会』に紹介されており、三春藩時代に幕府献上品となっていた。冷たくても温かくても、季節のたれで味わえる。
 三春グルメンチ
 三春町特産のピーマンを練り込んだ特製メンチで、ジューシーな味わいです。
 
市町村

田村市

● エゴマのお菓子
 生活習慣病予防など、健康に良いとされるエゴマを使った、クッキーとドーナツ、甘さ控えめで、子供からお年寄りまで幅広く人気があります。
● そば・うどん
 エゴマやシソを練りこんだ乾燥うどんや、田村市堀越地区で栽培されたうどん粉を使い、堀越地区の伝統文化「お人形様」から命名されたうどんや、そばなどがあります。
 あぶくまの天然水(滝根)
  モンド・セレクション7年連続大金賞を受賞、あぶくま洞、入水鍾乳洞の元となっているカルスト台地の石灰岩層を長い年月をかけ浸透してきた地下水をくみ上げたミネルウォーターで、カルシウムなどの天然ミネラル成分を多く含んでおります
● あぶくまわいん「北醇」(滝根)
 地元産の山ぶどうを100パーセント使用した酸味のしっかりした深みある味わいの赤ワインです。
● しそジュースあぶくまの紫源郷(常葉)  阿武隈の郷から生まれた身体にやさしいシソを使った無添加無着色のジュースです。
● 鬼イワナ
 清流にしか生息しない「幻の魚」イワナを鬼の里のきれいな水で養殖しています。川魚特有の淡白な味わいが自慢です。
● 地酒「高柴山」
 ツツジの名所・高柴山にちなみ醸造された地酒で、高原のさわやかな気候で育まれた地元産米使用のすっきりした味わいです。
 
市町村

小野町

● 御影石
 黒みかげ・白みかげ石は質が高く、全国に原石から加工品まで幅広く出荷しています。 
● ミネラル野菜
 町では「健康な身体は健康な野菜から」をテーマに、ミネラル野菜栽培に取り組んでいます。美味しい野菜をご賞味ください
● おのっこ一笑漬
 シソの実・米麹・醤油を各一升ずつ漬け込み、唐辛子を合わせた伝統の味です。 ご飯のおともに、冷奴や刺身の薬味などにもオススメで、町内の直売所2店舗で購入できます。
● おのまち小町アイスバーガー
 香ばしく焼いたバンズに冷たいアイスを挟んだ新感覚のスイーツです。昔から地元で愛されてきた味で、町内の4店舗で味わうことができます。
● 黒にんにく
 平成25年度から新たな振興作物として「にんにく」の試験栽培を開始し、6次化商品の開発を平成26年度にかけ行ってきました。 町内の農家さんが生産した「にんにく」を加工し、甘くてフルーティーな6次化商品の「黒にんにく」をつくりました。町内の直売所2店舗で購入できます。
 
市町村

いわき市

● めひかり(市の魚)
 三陸以南の太平洋側で水揚げされ、水深200m〜300mの深海に生息しています。最近は高級魚にもランキングされています。天ぷら、唐揚げ、めひかり寿司などで味わえます。
● さんまのみりん干し
 水揚げされたばかりの新鮮なさんまを手早く開きにし、醤油をベースにした秘伝のタレに漬け込み天日に干して作られます。さんまのみりん干しはいわきが発祥の地となっております。
● 蒲鉾
 「いわきの蒲鉾」は、新鮮な魚で作られる個性的な味わいの蒲鉾です。うに、蟹、海老、チーズなどの風味を生かした細工蒲鉾なども味わえます。
● 地酒
 豊かな自然に恵まれたいわきの地酒は、種類も多く酒造元によりそれぞれ微妙な味わいを楽しむことができます。
● うにの貝焼き
 ホッキ貝の殻に山盛りの「生うに」を重ね、小石を敷いた鍋の上に並べ焼いて仕上げます。いわき独特の名物料理で珍重な逸品です。
● あんこう鍋
 福島県の「あんこう」の水揚げ高は日本有数で、その中でも銚子から常磐にかけて生息するあんこうが最高級のブランドとされています。白身と柔らかい皮下肉が味噌になじみ、コクのある旨味は冬の贅沢品です。
● いわき梨
 夏になると、果汁をたっぷり含んだ糖度の高い「いわき梨」が実ります。市内の梨果樹園では、みずみずしいもぎたての梨を味わえる「梨狩り」が人気です。
● いちご
 いわきのいちごは、ハウス栽培で作られています。品種は甘みが強く、ほど良い酸味がある福島県オリジナル品種「ふくはる香」が主で、シーズンには「いちご狩り」で賑わいます。
 
 
Copyright(C)2007 banetsu-koryu ALL rights reserved