磐越ロゴ
磐越自動車道沿線都市交流会議
トップページ 会議概要 会議名簿 事業紹介 市町村紹介
観光ガイドブック 観光名所 特産品 伝統工芸品 伝統芸能 リンク
 
 
 
 
キャッチフレーズ まるごと いいね!会津美里
住所 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号 0242-55-1171(まちづくり政策課)
FAX番号 0242-55-1199
公式HPアドレス http://www.town.aizumisato.fukushima.jp/
人口 20,076人
世帯 6,747世帯
面積 276.37平方km
市町村の花
あやめ
市町村の木
えんじゅ
市町村の鳥
セキレイ
市町村の魚
-
商工会議所HPアドレス
観光協会HPアドレス
    出典:平成30年福島県推計人口(5月1日現在)
 
 

イベント情報
  
 
 伊佐須美神社
 国重要文化財「朱漆金銅装神輿」や県重要文化財「木造狛犬一対」が保管されています。いまなお産業文化、延寿縁結び、交通安全などの守護として県内外の人々の深い崇敬を集めています。


 中田観音
 国重要文化財で観音堂内には「抱きつき柱」があり、信心の方が抱きつくと何事も念願が叶えられると言われております。また左に不動尊、右に地蔵尊という全国的にも珍しい配置となっています。


 新鶴温泉健康センター
 8タイプのいろいろなお風呂があり、会津盆地を一望できる。


画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

 千歳桜
 県の天然記念物。4月中旬〜下旬に咲き競い、別名各種まき桜と呼ばれる。

■田子薬師堂
 唐様建築の特色が見られるお堂は国重要文化財指定
■ふれあいの森スポーツ公園
 夜間照明付きテニスコート6面、多目的運動広場、遊歩道、アスレチックあり
■新鶴村民族資料館
 民族資料を展示。要予約
法用寺
 天台宗では会津で最も古い名刹。三重塔は雪国では珍しく、また所蔵の金剛力士像は貴重なものとして国の重要文化財に指定されています。
向羽黒山城跡
 戦国時代の山城跡で、戦国武将・葦名盛氏が永禄4年から8年の歳月をかけて築いた城です。会津盆地のほぼ全域を一望できます。
龍興寺
 天海大僧正が出家した天台宗の名刹です。国宝「一字蓮台法華経」を所蔵しています。境内には天海僧正両親の墓があります。
 
    
 
 白い発芽胚芽米
http://maimunosato.jp/
 胚芽の持つビタミン・ミネラル・食物繊維に加え、胚芽により白米の10倍以上生じる「ギャバ」を摂取できます。


 会津ワイン
 高温多湿でブドウ栽培に絶好の地。まろやかで美味しい、やや甘口の白ワイン。


 つめっこやき
  会津の郷土食をさらに美味しくするために、会津の味、会津の地野菜にこだわりそばの皮で美味しさをそのまま包み込んだそば焼きもちです。

■高田梅
 日本一ジャンボと言われている高田梅は、果肉が厚く、カリカリした食感で味がよい。
■地酒
 地元の米、地元の水を使ったこだわりの逸品。
あいづ人参
 昔から漢方薬として高い注目を浴び、古くから漢方最高峰の神秘の霊薬として珍重されている。
身不知柿
 身不知柿の名は、実をたわわにつけ過ぎて、自分の枝を折ってしまうという事から名づけられたと言われます。
 
  
 
 会津美里町の伝統工芸紹介ページ

 へびの御年始
 雀林地区の小学生が藁(わら)の蛇を担いで村中の家々を廻り、五穀豊穣や無病息災、灌漑水の豊かさを祈願します。


 大俵引き
 高田地域の大通りで、重さ3トンもある大俵をかがり火の明かりの中引き合います。勝ち負けによって商売繁盛・米の豊作を占います。


 西勝の彼岸獅子
 悪疫退散と五穀豊穣・家内安全を祈願します。



 御田植祭り
 日本三田植の一つ。中世のなごりをとどめたもので、勇壮な獅子追い、農家の長男が女装して踊る早乙女踊りがある。


 高橋の虫送り
 土用の入り前夜に行われます。害虫を川に流して、作物を害から守り豊作を祈る行事です。


■会津万歳
 法師の姿をして祝言をのべ、鼓に合わせて舞う。三河万歳の系統を組むものである
■そば口上
 そばの生い立ちから出来あがるまでの行程が匠に口上されている
 
  
 
■会津本郷焼
 陶器と磁器の両方を生産する産地で、各窯元がそれぞれ違う釉薬を使用しながら多彩な色を出しています。
■会津桐
 厳しい寒さと湿潤は風土のもとに育つ会津桐は、材質が緻密で、粘り光沢があり、引き締まった年輪がつくる美しい木目が特徴。
■会津桐細工
 木目の美しい会津桐

 
 
Copyright(C)2007 banetsu-koryu ALL rights reserved