磐越ロゴ
磐越自動車道沿線都市交流会議
トップページ 会議概要 会議名簿 事業紹介 市町村紹介
観光ガイドブック 観光名所 特産品 伝統工芸品 伝統芸能 リンク
 
 
 
 
キャッチフレーズ 人と環境のハーモニー 魅力あるまち 郡山
住所 福島県郡山市朝日一丁目23番7号
電話番号 024-924-3711(国際政策課)
FAX番号 024-935-7834(国際政策課)
公式HPアドレス http://www.city.koriyama.fukushima.jp
人口

334,885人

世帯 140,824世帯
面積 757.20平方km
市町村の花
ハナカツミ
市町村の木
ヤマザクラ
市町村の鳥
カッコウ
市町村の魚
-
商工会議所HPアドレス http://www.ko-cci.or.jp/
観光物産協会HPアドレス http://www.kanko-koriyama.gr.jp/
   
出典:平成29年福島県推計人口(5月1日現在)
 
 

イベント情報
 

画像クリックで拡大
開成山公園
 明治のはじめ、かんがい用の池として造成された五十鈴湖を中心に、都市公園として整備されました。
堤に植えた桜は、1,300本を数え県内でも有数の桜の名所でもあり、郡山市民のシンボル的な公園として多くの人々に親しまれています。平成28年4月、猪苗代湖と安積疏水関係のストーリーが日本遺産に登録されたことに伴い、開成山公園も日本遺産構成文化財に認定されました。

 
磐梯熱海温泉
 山々の緑と五百川の清流に育まれたいで湯の郷は、"美人をつくる湯"としても知られています。とりわけ近年は、コンベンション機能も備えた幅広い交流の場として、くつろぎとゆとりの素敵なひとときを生み出しています。


画像クリックで拡大
高柴デコ屋敷
 全国的に有名な玩具の故郷。デコ屋敷とよばれ、四軒の家々が約300年の伝統を守り、張子人形や張子面、三春駒などを作り続け、今日に伝えています。人形木型は県重要文化財に指定されています。現在も人形師たちによって一つひとつ手作業で作られる張子人形は、自由かったつな身振りや、ほのぼのとした表情、鮮やかな色使いが特徴です。

 
郡山市ふれあい科学館
「スペースパーク」
 郡山西口、県内一の高さを誇る「ビッグアイ」にある「ふれあい科学館(スペースパーク)」はプラネタリウムやコンサートなどが楽しめる宇宙劇場のほか、展望ロビーでは、郡山の街並みや山並みを眺めることが出来ます。


画像クリックで拡大

郡山石筵ふれあい牧場
 なだらかな山麓に広がる石筵ふれあい牧場は、47haの広大な敷地に家畜動物園や乗馬施設をはじめ、マウンテンバイク、ターゲットバードゴルフが楽しめるほか、特製のアイスクリーム、バーベキューなども好評です。

 
郡山布引風の高原
 郡山市湖南町に日本最大規模の風力発電所となる「郡山布引高原風力発電所」が建設され、平成19年2月から供用開始となりました。布引高原は眺望豊かな高原であり、猪苗代湖面に映る磐梯山の美しさは特に有名です。ここに高さ約100mの風車が33基並んだ姿は見る者を圧倒します。


画像クリックで拡大
 

画像クリックで拡大

紅枝垂地蔵ザクラ
三春滝桜の娘とも言われる樹齢約400年のしだれ桜。桜の下には地蔵堂があり昔から赤ん坊の短命、夭折の難を逃れるために願をかけたといわれる。鮮やかな紅色が好評で多くの人が訪れている。
【問合せ先】 紅枝垂地蔵桜保存会 024-973-2661

 
■郡山市立美術館
 国内の美術館では例を見ないイギリス美術のコレクション等を展示
■こおりやま文学の森資料館
 本市ゆかりの10人の作家の文学資料や趣味の品々を展示公開
■郡山市開成館(県指定重要文化財・市指定重要文化財・経済産業省認定近代化産業遺産)
 「開成館」は、明治7年に区会所(郡役所の前身)として建築された県指定重要文化財・経済産業省認定近代化産業遺産。現在は安積開拓を後世に伝える資料館として一般公開。敷地内には、安積開拓官舎、安積開拓入植者住宅が移築復元されている。
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/161030/bunka/kaisekan/index.html
■安積歴史博物館(国指定重要文化財)
 明治22年に建てられた県内で最も古い歴史を持つ中等教育機関の校舎
■公会堂(国登録有形文化財)
 市制施行を記念して建てられた、大正建築の代表的な建物
■日本大学工学部
■郡山女子大学
■奥羽大学
 
布引大根
 湖南町の布引高原(標高1,081m)で栽培されている布引高原大根は、キメが細かく、やわらかさと甘みで大人気。
大地の恵みをたっぷりと含んだみずみずしい味わいです。


画像クリックで拡大



画像クリックで拡大
郡山産米「あさか舞」

 郡山市は、全国有数の米どころであり、安積疏水によってもたらされる猪苗代湖からの清らかな水と安積平野の肥沃な土壌、そして恵まれた気候によって、味・香り・食感のバランスが良い、美味しいお米の生産地です。
中でも生産量の多い「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」は、食味ランキング試験において例年高い評価を得ており、郡山産米「あさか舞」とネーミングして、ブランド化を進めています。


日本梨
 熱海町を中心に栽培されている日本梨。
光センサーを導入し、幸水・豊水・二十世紀などを中心に、みずみずしく、甘みの豊富な秋の味覚をお届けします。


画像クリックで拡大



画像クリックで拡大
郡山さくら鯉

 郡山市は、全国有数の鯉の産地。猪苗代湖の澄んだ水が流れこむ池で大切に育てられた鯉は、肉厚で柔らかく、甘み豊かで良質なタンパク質・カルシウム・ミネラルを含み、低カロリー・低脂肪な食材です。伝統的な鯉のあらい、鯉のうま煮の他、「鯉に恋する郡山プロジェクト」に賛同された料理人の創作料理が、市内飲食店で味わうことが出来ます。


うねめ牛

  黒毛和牛のメス牛のみで、肉質等級「4」以上。リブロース、サーロイン、肩ロースは霜降肉でしつこさがなく、甘みに優れた肉質。赤身のモモ肉は、しっかりとした食感を残しており牛肉本来の味わいは絶品です。



阿久津曲がりねぎ

 明治時代から栽培されている伝統野菜「阿久津曲がりねぎ」はその栽培方法に特徴があり、夏の暑い時期に行われる「やとい」と呼ばれる植えかえ作業の一手間が「甘み」と「やわらかさ」を生み出す元になっています。


御前人参

 郡山農業青年会議所の会員が中心となり作付している秋冬人参です。フルーティな香りと甘さが自慢でカロテン含量も高く、芯まできれいなオレンジ色をしています。従来の加熱料理の他、ジュースにしても美味しく、イカ人参にも合います。

 

 


 
  
 
柳橋歌舞伎
 郡山市中田町柳橋地区に江戸時代から伝わる市指定重要無形民俗文化財。野舞台で上演される農村歌舞伎で現在は、保存会により継承されています。

高柴七福神踊り
 七福神踊りは現在、高柴デコ祭り開催時に行われていますが、もとは七福神の舞い込みと言い、小正月に各家々を訪れる新春を祝う祝福の芸能です。
七福神のいでたちに張子面をかぶり、それぞれの採り物をもって踊ります。
市の重要無形民俗文化財に指定されています。



画像クリックで拡大
音路の獅子舞
 郡山市富田町の音路太子堂で、7月第4土・日に、2本の梵天(四花)を中心に、子供3人による太郎獅子、次郎獅子、花子獅子の三匹獅子舞が奉納されます。 市の重要無形民俗文化財に指定されています。
 
   
 
張子人形
 高柴デコ屋敷で作られる張子人形は、ほのぼのとした表情、鮮やかな色使い、そして独特の雰囲気を持つモチーフに、豊かな表現力が感じられます。

三春駒
 三春駒は、1954(昭和29)年に年賀切手の民芸品シリーズの最初の図案に選ばれるなど、郷土玩具の横綱といわれる木製の玩具です。大まかな荒木取りの後は手作業によるノミで削り出され、絵付けもすべて手作業で行われています。

 

 
 
Copyright(C)2007 banetsu-koryu ALL rights reserved