磐越ロゴ
磐越自動車道沿線都市交流会議
トップページ 会議概要 会議名簿 事業紹介 市町村紹介
観光ガイドブック 観光名所 特産品 伝統工芸品 伝統芸能 リンク
 
 
 
 
キャッチフレーズ 創りたい ゆたかな明日、
伝えたい 誇れるいわき
住所 福島県いわき市平字梅本21番地
電話番号 0246-22-1279(観光交流課)
FAX番号 0246-22-7581(観光交流課)
公式HPアドレス http://www.city.iwaki.fukushima.jp/
人口 346,442人
世帯 142,441世帯
面積 1232.02平方km
市町村の花
つつじ
市町村の木
くろまつ
市町村の鳥
かもめ
市町村の魚
メヒカリ
商工会議所HPアドレス http://www.iwakicci.or.jp
(一社)いわき観光まちづくりビューローHPアドレス http://www.kankou-iwaki.or.jp
    出典:平成29年福島県推計人口(5月1日現在)
 
観光名所
特産品
伝統芸能
伝統工芸
 

 
 



 いわき・ら・ら・ミュウ(いわき市観光物産センター)
 市場のような賑わいのある鮮魚店や新鮮な海の幸を堪能できるレストラン、遊覧船のターミナルがあります。ウミネコの飛び交う中で、港町情緒を味わうことができます。
 
 アクアマリンふくしま
 黒潮と親潮がであう「潮目の海」…“アクアマリンふくしま”は、福島の海の大きな特徴である太平洋の「潮目」をテーマにした水族館です。





 いわきデイクルーズ(小名浜港遊覧船)
 いわき・ら・ら・ミュウから出航します(小名浜港、塩屋埼灯台、五浦海岸の3コース)。遊覧船上でウミネコの群れと戯れながら、マリンタワーや小名浜港等の風景を楽しむことができます。
 
 塩屋埼灯台
 塩屋埼灯台は、青い海と空のコントラストの中に白くたたずむ美しい姿で旅人を迎えてくれます。近くには、故美空ひばりの歌碑(みだれ髪)などがあり、観光スポットとなっています。




 いわき公園
 面積約70ha、一周散歩するのに2時間程度かかります。スポーツ、林間、アミューズメントをはじめ各テーマごとのゾーンに分かれており、子供からお年寄りまで誰もが楽しめる緑豊かな公園です。
 
 松ヶ岡公園
 つつじと桜の名所として親しまれ、毎年開花期の4月には恒例の桜祭りがおこなわれています。また、幕末の外交に老中として活躍した、平藩主安藤対馬守の銅像や天田愚庵邸があります。


 


 

 

 

 
 三崎公園(マリンタワー)
 小名浜港東端の岬の大地に広がる、三崎公園の一角に立つ展望塔です。海抜106mの展望室からわき一円が一望でき、屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマが広がり、潮風をうけながらエキサイティングな体験ができます。

 

 
 いわき湯本温泉郷
 道後温泉、有馬温泉とともに日本三古泉の一つと伝えられ、約1,200年の歴史があります。温泉は、硫黄泉で神経痛、婦人病、皮膚病の効能があり、多くの観光客で賑わっております。




 スパリゾートハワイアンズ
 大小様々なプール等のアミューズメント施設と温泉を楽しむことができます。また、映画「フラガール」の中で踊られていたフラダンス(ポリネシアンショー)も魅力十分です。
 
 いわき市石炭・化石館ほるる
 常磐炭田の歴史と資料、今から約8,000万年前の海竜フタバスズキリュウなど多数展示されています。また、エレベーターで地下600mの坑底へと入坑する雰囲気を味わえる模擬坑道などもあります。




 いわき市アンモナイトセンター
 アンモナイトなどの化石を産出する露頭をそのまま観察でき、化石の発掘体験ができる施設です。
 
 いわき市暮らしの伝承郷
 江戸時代後期から明治時代初期の伝統的な民家や生活道具、当時の村落の情景を体験することができます。




 いわき市立美術館
 収蔵作品は、戦後美術を中心に1,800点を超え、年2期の常設展によりその一部を公開。また、美術作品による企画展も開催されています。
 
 いわき市立草野心平記念文学館
 「常設展示室」、「企画展示室」、「アートパフォーミングスペース」、「文学プラザ」の4つのエリアから構成され、“詩人”草野心平の人生と業績をわかりやすく紹介しています。




 いわき市勿来関文学歴史館
 「白河の関」、「念珠が関」とともに、“奥州三古関”のひとつに数えられる勿来の関。関跡には石碑があり、勿来関が歌枕として多くの文人歌人を魅了した平安時代以降の作品を紹介しています。
 
 国宝白水阿弥陀堂
 平安末期に岩城則道公の妻徳姫が建立したものとされています。美しい曲線を描く屋根の御堂を取り巻くように浄土庭園が広がり、その場だけ時が止まったかのような荘厳さがあります。




 背戸峨廊
 奇岩怪岩をぬう急流と滝が連続するリズミカルな景観。夏井川渓谷県立自然公園の中でも、ひときわ荒々しい景観を作っています。
 
 二ツ箭山
 2本の矢を立てたように見えるこの山は、険しい岩場がありロッククライミングが楽しめる場所で、雄大な眺めを満喫させてくれます。




 ゴルフ場
 いわき市は温暖な気候に恵まれていることから、フルシーズンゴルフを楽しむことができます。市内には、海辺や丘陵地にゴルフ場が点在しています。
 
 いわき市の海水浴場
 海水浴は、いわきの夏を代表するレジャーであり、開設期間中はたくさんの海水浴客で賑わいます。




いわきの里鬼ヶ城
標高887mの鬼ヶ城山の裾野に広がるレクリエーション施設。レストランや宿泊施設、コテージなどがあり、鬼ヶ城の大自然を満喫できます。敷地内の約20種類2,500本の桜は、まさに桜の博物館です。
 

■道の駅よつくら港
■いわき明星大学
■東日本国際大学
■国立福島工業高等専門学校
 
    
 
 
 めひかり(市の魚)
 三陸以南の太平洋側で水揚げされ、水深200m〜300mの深海に生息しています。最近は高級魚にもランキングされています。天ぷら、唐揚げ、めひかり寿司などで味わえます。




 さんまのみりん干し

 水揚げされたばかりの新鮮なさんまを手早く開きにし、醤油をベースにした秘伝のタレに漬け込み天日に干して作られます。さんまのみりん干しはいわきが発祥の地となっております。

 
 蒲鉾
 「いわきの蒲鉾」は、新鮮な魚で作られる個性的な味わいの蒲鉾です。うに、蟹、海老、チーズなどの風味を生かした細工蒲鉾なども味わえます。



 地酒

 豊かな自然に恵まれたいわきの地酒は、種類も多く酒造元によりそれぞれ微妙な味わいを楽しむことができます。

 
 うにの貝焼き
 ホッキ貝の殻に山盛りの「生うに」を重ね、小石を敷いた鍋の上に並べ焼いて仕上げます。いわき独特の名物料理で珍重な逸品です。




 あんこう鍋

 福島県の「あんこう」の水揚げ高は日本有数で、その中でも銚子から常磐にかけて生息するあんこうが最高級のブランドとされています。白身と柔らかい皮下肉が味噌になじみ、コクのある旨味は冬の贅沢品です。

 
 いわき梨
 夏になると、果汁をたっぷり含んだ糖度の高い「いわき梨」が実ります。市内の梨果樹園では、みずみずしいもぎたての梨を味わえる「梨狩り」が人気です。





 いちご

 いわきのいちごは、ハウス栽培で作られています。品種は甘みが強く、ほど良い酸味がある福島県オリジナル品種「ふくはる香」が主で、シーズンには「いちご狩り」で賑わいます。

 
  
 
 じゃんがら念仏踊り
 お盆の時期に、念仏を唱えながら鉦や太鼓で、その1年間に亡くなった新盆の家庭を廻り亡くなった方を供養し、家族を慰める夏の風物詩で、江戸時代から伝わるものです。




 三匹獅子舞
 一人立ちの獅子が笛の音色に合わせて、腰につけて鞨鼓(かっこ)という小太鼓を打ちながら、三頭ひと組で舞います。三頭の獅子は、先獅子・後獅子・雌獅子と呼ばれています。
 稚児田楽・風流
 祭りは、海の日とその前日に、農作物の豊凶を占う「おほこだて」、豊作祈願の稚児田楽「ざらっこ」、豊年感謝の風流「鷺舞・鹿舞・獅子舞」など御宝殿熊野神社の祭礼に行われます。


 
 
  
 


 いわきだるま
 赤、白、青を基本に、群青縁取りした特徴のだるまです。「福」を運ぶ正月の縁起物です。
 


 いわき絵のぼり
 いわきには、男の子の初節句に家紋を入れた勇壮な絵を描いた絵のぼりを贈る習わしがあります。5月の空に武者絵のはためく情景は、いわきの風物詩になっています。
 いわき(遠野)和紙
 磐城地方では文禄年間(1592-1596)以前から生産が高まり、上遠野の和紙が「岩城延紙」として、江戸の市場にその名が広まりました。全工程に80-90時間を要し、伝統あるいわき和紙の製法を守っています。




 伝統こけし
 つぶらな瞳と赤いほっぺ、微笑んでいるような口元が心温まる表情を見せ、250年もの歴史がある弥治郎系伝統こけしです。みちのくこけし祭りでは、通商産業大臣賞を受賞したほか、全国こけしコンクールで数々の名誉ある賞を受賞しています。
 いわき船箪笥
 木目の美しいケヤキを素材に漆塗りで仕上げ、引き出しには銅材を使用し、装飾的な金具で飾ります。江戸時代の中期から末期にかけて、商人の船旅に使われた千石船の金庫箱を再現しています。


 
 

 
 
Copyright(C)2007 banetsu-koryu ALL rights reserved