磐越ロゴ
磐越自動車道沿線都市交流会議
トップページ 会議概要 会議名簿 事業紹介 市町村紹介
観光ガイドブック 観光名所 特産品 伝統工芸品 伝統芸能 リンク
 
磐越自動車道沿線四季祭事
 
新潟まつり   
8月上旬 古町周辺ほか
夏の新潟最大のイベント。市民みこし、大民謡流し、花火大会など行事がたくさん。
 
にいつ夏まつり   
8月16日、19〜20日
新津松坂流し、新津屋台まつりなど行事が盛りだくさん。
 
あきはなび   
9月下旬
ステージイベントや花火の打ち上げが行われます。
 
小須戸燈籠押合いまつり   
8月25日
町内から4基の燈籠が若衆に担がれ、夕方に激しく押合います。
 
小須戸さつきまつり   
5月〜6月
会場いっぱいに飾られるさつきは圧巻です。
 
咲花温泉水中花火大会   
6月中旬 五泉市佐取地内
舟の上で点火した花火を水中に投げ込んで打ち上げるという全国的にも珍しい花火大会です。
 
五頭連峰山びらき   
5月3日 五頭山 宝珠山
子どもから高齢者まで、気軽に登山を楽しめる山で知られています。天気のいい日には山頂から日本海や佐渡を眺めることができます。
 
狐の嫁入り行列   
5月3日 阿賀町津川 住吉神社→麒麟山公園
狐のメークをした行列が町を練り歩きます。幻想のひとときをお楽しみください。
 
西会津ふるさとまつり   
10月下旬 さゆり公園
町特産の桐で作った大桐ゲタを投げる「桐ゲタ投げ全国大会」の他、楽しいイベントが盛り沢山のまつりです。
 
蔵のまち喜多方冬まつり   
2月中旬〜下旬 喜多方プラザ(メイン会場)
太鼓フェスティバル、ラーメンフェスタ、そばまつり等各種イベントが開催されます。
 
坂下初市「大俵引き」    
1月14日 役場前ライヴァン通り
四百余年の伝統を誇る一大イベント。下帯一本の若衆が五穀豊穣・商売繁盛を祈願して大俵を引き合います。
 
あやめ祭り   
6月15日〜7月5日 伊佐須美神社外苑あやめ苑
色鮮やかな150種・10万株のあやめが咲き誇り、さまざまな催し物があります。
 
鶴ヶ城さくらまつり   
4月中旬から5月上旬 鶴ヶ城本丸など
ライトアップや大茶会、会津十楽春の陣などのイベントを開催。
 
会津まつり   
9月下旬 鶴ヶ城及び市内各所
会津最大のまつり。開催を告げる提灯行列、会津磐梯山踊り、総勢500人が時代衣装を身に付け市内を練り歩く会津藩公行列などの様々なイベントで、開催期間中、市内はまつり一色に染まります。
 
鶴ヶ城大茶会   
10月中旬 鶴ヶ城本丸、茶室麟閣
千利休の子少庵と蒲生氏郷公の遺徳を偲び開催。どなたでも気軽に各流派のお点前によるお茶を楽しめます。
 
会津絵ろうそくまつり〜ゆきほたる〜   
2月第2金土 鶴ヶ城、市内各所
鶴ヶ城や御薬園をはじめ市内各所にて約10,000本のろうそくの明りに照らされた雪景色に浮かぶ会津幻影をお楽しみいただけます。
 
舟引き祭り   
3月中旬 磐梯神社境内
氏子が東西に分かれ舟を引き合い、その年の作柄を占う神事です。
 
猪苗代新そばまつり   
11月第2土・日 カメリーナ
町の特産物であるソバの振興を目的に始まったもので、東日本大震災以降は町の食の安全・安心のPRにも大きな役割を果たしています。県外からも多くのリピーターが訪れるなど、県内外に「蕎麦の里・猪苗代」を発信しています
 
郡山うねめまつり   
8月第一木・金・土曜日 郡山駅前、片平町ほか【2020年は中止】
奈良時代のうねめ伝説にちなんだ郡山最大の祭り。約6千人が参加する踊り流しは圧巻。
 
三春さくらまつり   
4月 中旬〜下旬 三春町内
滝桜を筆頭に、旧城下町のあちこちが桜色に染まり、ゆっくりと桜めぐりができます。
 
夏井千本桜まつり   
4月下旬 小野町夏井地内
夏井側両岸5キロにわたって咲く、夏井の千本桜。遊歩道も整備され、人気のスポット。
 
いわき港まつり   
8月上旬〜8月下旬 小名浜港
約1ヶ月にわたる港まつりは1万発を超える花火大会のほか、いわきおどり小名浜大会や小名浜海遊祭があります。
 
いわきおどり   
8月8日(例年同日) JRいわき駅前大通り
いわきおどりは、“市民の誰もが気軽に歌い・踊れる市民共通のおどり”として定着、親しまれています。
自慢の衣装に身を包み、街が熱気に湧く中、「どんわっせ」の掛け声と共に踊り流します。
市民の和(輪)を広げ「自らも楽しみ、見る人も楽しむ」祭りとして、沢山の人が訪れ、盛大に行われます。
 
いわき七夕まつり   
8月6日〜8日(例年同日) JRいわき駅周辺
夏の伝統行事として昭和初期から行われている「七夕まつり」。
いわき駅前の各商店が工夫を凝らし製作した華やかな笹飾りが通りを彩り、人々の目を楽しませてくれます。
最終日にはいわきおどりが催され、多くの人で賑わいます。
 
いわき回転やぐら盆踊り大会   
8月13日〜15日(例年同日) JR内郷駅前広場
常磐炭鉱の時代から続く内郷の夏の風物詩。
国宝白水阿弥陀堂を模した高さ13メートル、縦横13メートルの「回転櫓」は、電動または人力で回るようになっています。
櫓には電飾や提灯が飾り付けられ、毎年8月13日の前夜祭、14日・15日の本祭りでは、回転櫓を囲んで老若男女が幾重もの踊りの輪を作ります。
 
沼ノ内の水祝儀   
1月 成人の日 愛宕将軍地蔵尊堂
「桶取り」と呼ばれる地区の未婚の青年4人が初婿に3度水を浴びせ、無病息災・豊漁と安全・豊作を祈願する祭りです。
 
 
Copyright(C)2007 banetsu-koryu ALL rights reserved